出会い方は人それぞれ

出会い方は人それぞれで良いというのが出会い方の基本です。
大学時代に知り合った人同士での学生結婚や職場恋愛ののちの結婚が、
正しいだとか自慢であるかのような古い風潮がありますが、
出会い方は人それぞれで良いのが、出会いの基本スタイルです。

そもそも人の性格や適性というものは千差万別です。
仕事をするにしても適職診断というのもあるくらいで、
人間には人それぞれに適職というものもあります。
だから出会い方も個人によって適した出会い方があるので、
出会い方は人それぞれで良いんです。

合コンがとても苦手で苦手でしょうがない人が、
無理やりに合コンに参加して何になるんでしょう?
人前に出るだけで声が震えるだとか異性と複数一緒の場にいるだけで、
あがってしまって声が上ずるとか場持ちさせることすらできない、
という人だっています。

そこまでいかないにしても合コンが苦手、
職場恋愛はしないスタンスだし職場恋愛というものが元から苦手、
職場という時点で異性に見れない見たくない、
という人だって大勢います。

ところがネットでの出会いとなるとのびのびと活動できるんだ、
という人がこの世の中とても多くいるのが現実です。
そうでなければ出会い系は一切この世にないです。

それだけではなく出会い系はネットを介しているので、
より多く不特定多数の異性を閲覧したり選択することができるので、
より自分にマッチしそうな人間を効率よく探すこともできるということから、
ますます出会い方は人それぞれで良いと出会い系の利用者層の特徴からも、
大いにいえることです。

昔はお見合い結婚が主流の時代がありましたが、
時代とともに出会い方の主流はいくらでも変化していきます。
お見合い世代の人間からするとネットでの出会いというものに、
理解するのは難しい部分も多少あります。

しかし逆からいえばネット世代からすると、
お見合いという出会い方には理解するのが難しい部分も同じようにあります。
だからこそ出会い方は人それぞれで良いということがいえるんです。
職業に貴賤の別なしからず出会い方に貴賤の別なしです。

何で出会おうと自分の出会い易いと思ったものを利用して出会ったもの勝ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>